名前: 薊 四葉
暗号化有効

ハンドルネーム: CL0V3R
暗号化有効

セキュリティレベル: 3、または4(限定付)

所属: [一部編集済]情報保安局/渉外政策局 情報統制部/第4科学局・超常科学局/サイト-81██ ハッカースペース

所在: サイト-81██ ハッカースペース/暗号化有効

業務: [一部編集済]ハッカースペース管理人/ハイテク諜報活動/カウンターサイバーテロ(CCT)/情報セキュリティスペシャリスト/暗号化有効/プロトタイプデバイス(PTD)開発/超常科学研究

人物: 200█年財団フロントに設置された招待ハニーポットに侵入し、最終ポイントに唯一到達したハッカー。

ハッカー文化に精通しており、とことん知識に貪欲。当時彼は████大学大学院の情報工学の修士号を所得しており、卒業後も独学で電気工学、電子工学の勉強に励んでいたとされる。ネットミームを始めとした様々な文化の影響を強く受けており、ビジュアルに対して強い執着心を持っている。勉学の努力を怠らない努力家である一方、全てを論理的に評価することはせず、流れや周りの意見を積極的に聞こうとする姿勢を取っている。彼のこうした行動はHacktivistに見られる独善性を感じさせるが、ミルグラム従順性試験は常に90%代をマークしている。彼は財団の科学技術に関心を抱いているとともに、それを生み出している財団に敬意を抱いている様に見える。また新たな学問に挑戦することに奥手ではなく、DAE理論や統合観測論、集積問題の解決とヨツバ予想の提言、暗号化有効など、幾つもの功績を残している。

[一部編集済]サイト-81██で発生したテロ事件をきっかけに暗号化有効米海軍特殊部隊の長期研修に参加した。この部隊の正規隊員達は退役後、パラミリタリー要員として諜報活動を主任務とする特殊部隊に割り当てられることがあることから、最良の選択肢であると彼は考えている。帰国後、彼は暗号化有効その戦闘能力から『前線で動けるハッカー』として評価を受けた。

20██/██/██-██:██ 追記: 身元調査によって、199█年に彼の家族と友人を襲った不可解な事件があったことが判明した。当時の警察の資料を検証した結果、異常存在との関連性が高いことから詳細な調査が行われている。彼自身も事件の手がかりを追っているようで、彼がハッカーとなった原因であると考えられている。

暗号化有効

暗号化有効

現在彼は暗号化有効実地任務に従事しながらも独自研究を進めている。また最近彼は自費でサイト-81██にハッカースペースを開設し、財団に所属する技術者達との共同研究に挑戦している。

暗号化有効

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。