白狐計画

もしアナタがこのハブに初めて来たのなら、まずは次の指定を参照してください。

AiliceHersheyの保管室 Rev.1242 tale「████より」

y075ub4のプロファイリング

  • 財団世界に「御先稲荷」という「人間」は存在しない
    • “物品”によってキツネ→ヒトへと変えられ、“財団”に育てられた存在→目的: “夜叉”の“生贄”として“消費”する為に
      • 変化の過程でなんらかの異常性が発現する
        • 異常性を利用した脱走事件→“財団”が「御先稲荷」に“首輪”をかけた=頭部に小型の爆薬を仕込んだ→“財団”としては狐の様相をした体さえ残っていれば良い→死体を動かす術を持っている=“夜叉”はその事をどう感じていたのか?
  • 稲荷神(荼枳尼天)を原点とする“物品”(通称: “夜叉”)
    • 収容困難・危険(K-クラスに発展する可能性を秘めている)=Keter級?
    • 数十年単位で“生贄”を求める
      • “生贄”の条件=様相が「キツネ」に似ていなければならない→存在そのものが「キツネ」に近くなければならない
        • “生贄”の確保が困難となり、財団が人工的に“生贄”を製造=「御先稲荷」の誕生→“プロトコル「狐の嫁入り」”の確立
          • 製造された「御先稲荷」=9体→8体が“生贄”として“消費”された
            • 仮説: 9体目の「御先稲荷」も既に“消費”されている?→10体目が存在する可能性=我々が認識している「御先管理員」?

考察点まとめ

  • “夜叉”は一体何者なのか?
  • 人工的に製造された「御先稲荷」の事を“夜叉”はどう感じていたのか?
  • 9代目「御先稲荷」の行方は?
  • 我々が認識している「御先管理員」は?
  • そもそも“プロトコル「狐の嫁入り」”は今も続いているのか?
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License