統合観測論の歴史

History of Unified Observatology

警告:レベル4機密情報

GOC-”財団”情報限定共有条約に基づく両組織内の大量の機密情報有
作業終了後もしくは施設指定区域退出時には規定の記憶処理プログラムを受けること
JRC監査室


"Veritas Omnia Vincula Vincit." ──John 8:32
「真理は全ての束縛を克服する」 ──ヨハネによる福音書 8:32

統合観測論を語るのであれば、まずはとある会社について話すのがいいでしょう。1998年、当時パラテック最大手だった株式会社プロメテウス研究所が経営破綻したのです。破綻直後動いた組織はいくつかありましたが、プロメテウス研究所の研究成果を手に入れようとして成功した組織のうち二つが財団とGOCです。両組織ともにプロメテウス研究所が開発してきたパラテックに大きく頼っていた部分がありました。

パラテック──パラテクノロジーは悪魔工学デモニクス奇跡論ソーマトロジー死霊術ネクロマンシーのような、"異常な"原理に基づく理論と、恒星間旅行学インターステラートラベロジー反物質工学アンチマターエンジニアリング改造生物学アルタードバイオロジーのような一般的に知られる科学の延長線上にある分野のをあわせた総称です。そのような領域の研究は世界を維持しようとするのであれば避けては通れないものであり、研究が実を結べば強大な力を手に入れることも可能なものであるため、多くの団体や組織がパラテックの研究をしていました。そして20世紀最大にして最高のパラテック研究機関がプロメテウス研究所だったのです。

プロメテウス研究所は財団と対立していたとされることがありますが、より正確に言うのであれば"科学部門の一部の研究員がプロメテウス研究所を半ば一方的に宿敵だと思っていた"というほうが正しいでしょう。当然ながら財団の職員には世界屈指の人材が山ほどいます。そんな人たちが潤沢な予算と最高クラスの環境を与えられてもなお追いつけなかったのがプロメテウス研究所です。事実財団は財団-プロメテウス情報交換協定を結び、プロメテウス研究所がスクラントン現実錨の改良型の製造を請け負っていた時期もありまし、テレキル合金は初期のオブジェクトの収容に今なお用いられています。

財団と同様、GOC──世界オカルト連合もプロメテウス研究所に大きく頼っていました。生体エネルギー放射視覚化戦術認識システムVital Energy Radiation Imaging Tactical Awareness System(VERITAS)の旧型であるCOLLICULUSの重要な画像処理システムのコンポーネントはプロメテウス前進論理デバイスが製造したものですし、エバーハート共鳴器の基礎理論はプロメテウス研究所が発表した論文の中にありました。GOCは財団より能動的にパラテックを利用するため、プロメテウス研究所はGOCの活動を支えていました。

それが1998年9月1日、突然崩壊します。第一報は株式会社プロメテウス研究所最大の会社であったニューメキシコのプロメテウス・ディフェンス本社で起こった大爆発といった形で伝えられました。そして株式会社プロメテウス研究所が解散を宣言する文章を世界中の正常性維持機関に送信しました。すぐさまO5評議会はプロメテウスコングロマリットであった会社の買収計画を指示。財団が保有する総資産の8パーセントまでの支出を許可しました。これは記録に残る最大規模の資産にかかわる計画です。財団渉外部門でフロント企業の買収では右に出るものなしと知られていたエージェント・ルツァウを部隊長とした特殊買収工作部隊”αετόςアエトス”(ギリシャ語で「鷲」の意)の活躍は今なお語り継がれています。GOCも同様にプロメテウスコングロマリットの買収を行いましたが、財団ほど成功したとはいえませんでした。しかしそれでもプロメテウスコングロマリットであった会社の30%以上の入手に成功しています。

[文章未記入一部破損]

1999年が始まるころにはプロメテウスの名を冠した団体はほとんど無くなり、

[文章未記入一部破損]

かつて財団は謎に包まれた組織でした。1900年ごろから”財団”の名で活動を始めた世界規模の組織で、その活動痕跡から考えると一国の中枢に影響を与えられるほどの相当に長い歴史を持つことはGOCも把握していました。実際には複数の古い組織が合併したもの

[文章未記入一部破損]

2000年にGOC第55回決議においてミレニアム協定が可決されました。これは財団との緊張緩和を目的としたもので情報の共有や共同作戦系統の確立、そして共同研究計画について触れたものでした。

[文章未記入一部破損]

Global Occult Commission - "Foundation" Joint Research Center
GOC-"財団"共同研究センター

[文章未記入一部破損]

月面、ツィオルコフスキークレーター
ツィオルコフスキークレーター分室
全周300km(ぴったり!)の超大型量子加速器がある
参考画像(青色の線が加速器の直径)

[文章未記入一部破損]

出演予定職員
バーディーン・ピーターズ 財団から派遣された元プロメテウス・アドバンスド・ロジックデバイス職員。
チック・ヴェドラー 世界統一奇跡論研究センター所属の呪術人類学者。著作「呪術から魔術へ」は文化的奇跡論研究を大きく変えた。
倉井博士 倉井ブレーンモデルの提唱者。
エージェント・四葉 JRCプロトタイプエンジニア、四葉予想の提唱者
ノル・キャーシャ 無理ベクトル空間論の提唱者。ミラ・キャーシャの妻。
ミラ・キャーシャ 高次元認知デバイスの開発者。ノル・キャーシャの妻。
コルネリオ・カルノー 超次元流体の運動方程式の発見者。

このタブの文章はメタ内容です

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License