保安担当者

保安担当者(保安担当者、英:Security Officers)は、収容施設の物理上・情報上において、広義における保安活動に従事されている職員、あるいは財団の軍事組織における職種です。施設保安担当者はしばし単に警備担当(Guards)とも呼称されています。

広義における保安とは身体や財産などを危険から守り安全な状態を保つことを意味しています。日本語にいては保安対象に応じてセキュリティ・警備・保安・治安・安全保障といった用語に分けられています。もっともそれぞれの意味はほぼ同じであるとされており、言葉としての厳密な使い分けはされていない傾向があります。一方で広義における保安に関する使用される用語(概念)もまた存在し、これにはリスク・脆弱性・脅威・対抗策・保証・評価が存在します。

財団において、保安担当者の活動はしばし単に「保安活動」と表現される事が事例があります。しかしその意味は前述の通り様々な意味が込められており、それゆえに施設保安担当者の業務は非常に幅広いと考えられます。ここでは仮説を広義における保安対象に分けて提示します。

セキュテリティにおいて、保安担当者はネットワークやそれらを構成するコンピュータや情報に関する保安活動──情報の機密性・完全性・可用性の維持、およびコンピュータを災害や不正アクセス等から守る事です。またこれら情報セキュテリティにおける3つの状態とは別に、拡張された定義として真正性・責任追跡性・信頼性・否認防止が含まれます。一方でこれらはあくまでも保安担当者の業務に含めても良いとされている可能性があり、拡張された4つの特性については特別な業務に含まれる可能性があります。

警備において、保安担当者は事故、破壊、盗難等の事変に備え、警戒や防護を行う警備員としての性質を持ちます。なお警備業務にもまた様々な区分が存在し、これらは警備会社などで行われている警備業務と似た区分であると考えられます。保安担当者の多くが警備業務に従事していると考えられ、訓練もまた豊富です。

保安において、保安担当者の業務は施設外での活動が多くを占めていると考えられます。本来区分としての保安は鉄道や海上、航空、山岳といった屋外環境での業務を示し、ここでは財団においてもその定義が適用されているものと考えます。具体的には機動部隊に組み込まれる形で収容スペシャリストと連携し、物品の護送に従事していると考えられます。

治安や安全保障において、保安担当者は財団がもつ軍事的な強制力を持ってして社会に介入、あるいは財団に対してなんらかの脅威が及ばぬよう、何かの手段を講じることで安全な状態を確保する事を目的としています。この性質上、治安活動や安全保障活動に従事する保安担当者の大半は特殊部隊の構成員として招集されていると考えられます。

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License